ホーム > タグ > 確定申告

確定申告

【備忘録】2011年(平成23年)確定申告

昨年同様に忘れないように備忘録としてエントリー。

<今回の条件>
・【分離課税-先物取引】くりっく365FXでマイナス損益が発生した
・【株式等の譲渡所得】株(特定口座、源泉徴収有り)で利益があった
・【寄付金控除】東日本大震災に対して寄付をした
・(昨年申告済)株式について損失の繰越がある

<今回の入力項目>
国税庁の「確定申告書等作成コーナー」にてWeb入力にて確定申告書を作成
1.源泉徴収票に基づいて所得や扶養控除etcの入力
2.くりっく365FXについて損失の入力
⇒申告分離課税
3.株(特定口座、源泉徴収有り)について損失繰越&利益の入力
4.寄付金について入力
5.確証類の整理
-源泉徴収表<>
-くりっく365FX(大和証券)については確証類は
PDFダウンロードして印刷<>
-株(マネックス証券)については「特定口座年間取引報告書」をWebで
交付申請して取得<>
-寄付金について領収書を提出<>

 

<詳細手順>
1.源泉徴収票に基づいて所得や扶養控除etcの入力
この辺りは一般的な手順と思われるので省略
※扶養控除が無くなってた~

2.くりっく365FXについて損失の入力
所得・所得控除等入力で、「分離課税の所得画面」の「先物取引に係る雑所得等 」をクリック
↓↓↓
■「先物取引に係る雑所得等」 の画面■
・所得区分:雑所得用
・種類:金融先物取引
・決済の方法:差金決済
・差金等決済に係る利益又は損失の金額:確定利益又は損失の額を入力
・差金等決済に係る委託手数料:年間損益報告書を元に手数料を入力
・必要経費:通信費、書籍購入費など(今年は未入力)

3.株(特定口座、源泉徴収有り)について損失繰越&利益の入力
所得・所得控除等入力で、「分離課税の所得画面」の「株式等の譲渡所得等」をクリック
↓↓↓
■「株式等の譲渡所得等(取引区分の選択)」の画面■
・「前年から繰り越された上場株式等に係る譲渡損失の金額がある」にチェック
・「特定口座( 源泉徴収口座 )のうち申告する株式等の譲渡等がある」にチェック
↓↓↓
■「株式等の譲渡所得等(源泉徴収口座)」の画面 ■
・特定口座年間取引書に記載されている通りに入力
1.口座情報の入力(特定口座年間取引報告書の右上の表示を入力してください。)
→「1保管」「2信用」「3配当」にチェック
2.「譲渡に係る年間取引損益及び源泉徴収税額等」の入力
→年間取引書を元に入力
3.「配当等の額及び源泉徴収税額等」の入力
→「2この口座の配当等は申告しない」を選択
4.「金融商品取引業者等」の入力
→住所:取引会社の住所を入力
→名称:取引会社名を入力
↓↓↓
■株式等の譲渡所得等(前年以前から繰り越された損失額)■
・昨年度に損失繰越をしていたので金額を確認
↓↓↓
■「株式等の譲渡所得等(計算結果確認)」の画面■
・計算結果の表示
↓↓↓
■「株式等の譲渡所得等(計算結果確認2)」の画面■
・本年分の上場株式等に係る譲渡損失の金額及び分離課税配当所得金額の計算結果表示
・翌年以後に繰り越される上場株式等に係る譲渡損失の金額の計算結果の表示
(次年度以降の損失繰り越しが発生)
・前年から繰り越された上場株式等に係る譲渡損失の金額を控除した後の本年分の分離課税配当所得金額の計算

4.寄付金について入力
寄付金控除をクリック
↓↓↓
■「寄附金控除、政党等寄附金等特別控除」の画面■
・寄附年月日:寄付した年月日を入力
・支出した寄附金の金額:寄付した金額を入力
・寄附先の所在地:港区芝大門1-1-3
・寄附先の名称:日本赤十字社
・寄附金の種類:東日本大震災に関する寄付金ですか→「はい」にチェック

5.確証類の整理
【提出が必要】
-源泉徴収表<>
-くりっく365FX(大和証券)の損益報告書(個別取引内訳明細)
⇒PDFダウンロードして印刷<>
-株(マネックス証券)については「特定口座年間取引報告書」をWebで
交付申請して紙で提出<>
-寄付金について領収書を提出<>
【必要に応じて提出】
-くりっく365FX(大和証券)の損益報告書
⇒PDFダウンロードして印刷

これで、確定申告してきましたー。

 

税務署で確定申告書の作成支援サービスがあるんですが、

確認してもらおうとして並んでみたら、
入り口で交通整理をしているおじさんから、
「200人以上並んでますよ」と

口には出さないものの、
「Webで作成して持って来てるんなら、もう提出しちまえよ」
的な空気を察知して、提出のみ窓口へと移動。

それでも、10分程度は待ったものの、
提出自体はさくっと終了しました。

来年からは、提出のみでいいかなー。

LINEで送る
Pocket

【備忘録】2010年(平成22年)確定申告完了

自分的に記録しておいた方が良さそうなので、
備忘録としてエントリーしておきます。

<今回の条件>

・【分離課税-先物取引】くりっく365FXで20万円以上利益があった
・【総合課税-雑所得】店頭FXで20万円以上利益があった
・【株式等の譲渡所得】株(特定口座、源泉徴収有り)で2万円程度の利益があった
 
→信用買い1回のみだったので、取引無しかと思っていたら、
  
配当分の利益が「特定口座の譲渡損益」として計上されていたので
  
申告が必要っぽい
・【総合課税-雑所得】中小企業診断士関連(バイト、副業)で5万円程度の雑益があった
・(昨年申告済)くりっく365FXについて損失の繰越がある
・(昨年申告済)株式について損失の繰越がある

<今回の入力項目>

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」にてWeb入力にて確定申告書を作成

1.源泉徴収票に基づいて所得や扶養控除etcの入力
2.くりっく365FXについて損失繰越&利益の入力
 
⇒申告分離課税
3.店頭FXについて利益の入力
 
⇒『雑所得(その他)』
4.中小企業診断士関連(バイト、副業)で5万円程度の雑益の入力
 
⇒合わせて、経費の入力
  
⇒『雑所得(その他)』
5.株(特定口座、源泉徴収有り)について損失繰越&利益の入力
6.確証類の整理
 
-くりっく365FX(大和証券)については確証類は
  
PDFダウンロードして印刷
 
-店頭FX(セゾンFX、マネックスFX)については確証類は
  
PDFダウンロードして印刷
 
-中小企業診断士関連(バイト、副業)の確証類は
  
2月に郵送で届いており準備OK
 
-株(マネックス証券)については「特定口座年間取引報告書」をWebで
  
交付申請して紙で提出する必要があるらしい★要注意
  
⇒昨年はPDF印刷して提出したが大丈夫か!?Σ(・∀・|||)ゲッ!!

※次回はくりっく365FXの経費も計上したい
  
⇒経費については紙の確証ではなく、Webサイト上の明細でも可との回答を得ました。

<詳細手順>

1.源泉徴収票に基づいて所得や扶養控除etcの入力

この辺りは一般的な手順と思われるので省略

2.くりっく365FXについて損失繰越&利益の入力

所得・所得控除等入力で、「分離課税の所得画面」の「先物取引に係る雑所得等 」をクリック
 
↓↓↓
■「先物取引に係る雑所得等」 の画面■
・所得区分:雑所得用
・種類:金融先物取引
・決済の方法:仕切
・差金等決済に係る利益又は損失の金額:確定利益又は損失の額を入力

※次回はくりっく365FXの経費も計上したい
  
⇒経費については紙の確証ではなく、Webサイト上の明細でもOKとの回答を得ました。

3.店頭FXについて利益の入力

所得・所得控除等入力で、「収入金額等」の「雑-その他」をクリック
 
↓↓↓
■雑所得(その他)の画面■
・種目:「為替取引」を入力
・名称:取引業者の名称を入力
・場所:取引業者の住所を入力
・収入金額:年間損益報告書の損益額を入力
・その他の雑所得に係る必要経費の合計額:必要経費額があれば入力

4.中小企業診断士関連(バイト、副業)で5万円程度の雑益の入力

所得・所得控除等入力で、「収入金額等」の「雑-その他」をクリック
 
↓↓↓
■雑所得(その他)の画面■
・種目:収入を得た内容を入力(「執筆料」「試験監報酬」など)
・名称:支払調書を元に会社名を入力(「同友館」「中小企業診断協会」など)
・場所:支払調書を元に会社の住所を入力
・収入金額:支払調書を元に支払金額(収入)を入力
・源泉徴収額:支払調書を元に既に源泉徴収された金額を入力
・その他の雑所得に係る必要経費の合計額:必要経費額があれば入力

※郵送してもらった収入(源泉徴収有り)と経費の確証を元に入力
※経費として、交通費(確証無し)と中小企業診断士協会費を入力

5.株(特定口座、源泉徴収有り)について損失繰越&利益の入力

所得・所得控除等入力で、「分離課税の所得画面」の「株式等の譲渡所得等」をクリック
 
↓↓↓
■「株式等の譲渡所得等(取引区分の選択)」の画面■
・「前年から繰り越された上場株式等に係る譲渡損失の金額がある」にチェック
・「特定口座( 源泉徴収口座 )のうち申告する株式等の譲渡等がある」にチェック
 
↓↓↓
■「株式等の譲渡所得等(源泉徴収口座)」の画面 ■
・特定口座年間取引書に記載されている通りに入力
 
1.口座情報の入力(特定口座年間取引報告書の右上の表示を入力してください。)
  
→「1保管」「2信用」「3配当」にチェック
 
2.「譲渡に係る年間取引損益及び源泉徴収税額等」の入力
  
→年間取引書を元に入力
 
3.「配当等の額及び源泉徴収税額等」の入力
  
→「2この口座の配当等は申告しない」を選択
 
4.「金融商品取引業者等」の入力
  
→住所:取引会社の住所を入力
  
→名称:取引会社名を入力
 
↓↓↓
■株式等の譲渡所得等(前年以前から繰り越された損失額)■
・昨年度に損失繰越をしていたので金額を確認
 
↓↓↓
■「株式等の譲渡所得等(計算結果確認)」の画面■
・計算結果の表示
 
↓↓↓
■「株式等の譲渡所得等(計算結果確認2)」の画面■
・本年分の上場株式等に係る譲渡損失の金額及び分離課税配当所得金額の計算結果表示
・翌年以後に繰り越される上場株式等に係る譲渡損失の金額の計算結果の表示
(次年度以降の損失繰り越しが発生)
・前年から繰り越された上場株式等に係る譲渡損失の金額を控除した後の本年分の分離課税配当所得金額の計算

6.確証類の整理

【提出が必要】
 
-くりっく365FX(大和証券)の損益報告書(個別取引内訳明細)
  
⇒PDFダウンロードして印刷
 
-中小企業診断士関連(バイト、副業)の確証類は
  
2月に郵送で届いており準備OK
 
-株(マネックス証券)については「特定口座年間取引報告書」をWebで
  
交付申請して紙で提出する必要があるらしい★要注意
  
⇒昨年はPDF印刷して提出したが大丈夫か!?Σ(・∀・|||)ゲッ!!

【必要に応じて提出】
 
-くりっく365FX(大和証券)の損益報告書
  
⇒PDFダウンロードして印刷
 
-店頭FX(セゾンFX、マネックスFX)の損益報告書
  
⇒PDFダウンロードして印刷

LINEで送る
Pocket

確定申告に苦戦してます

ノダッシュ@確定申告に苦戦中です。
昨年初めて確定申告したのですが、今年は昨年以上に更に苦戦してます。
というのも、なんだか条件が複雑になっていて
何を申告するのが必須なのか
何の申告は自分で選択出来るのか
が非常に曖昧だからです。
税金って、キッチリ決まっているようで曖昧なんですねぇ。
で、ノダッシュは何が難しいのかと言うと・・・
・くりっく365FXで20万円以上利益があった
・店頭FXで20万円以上利益があった
・中小企業診断士関連(バイト、副業)で5万円程度の雑益があった
・昨年の確定申告でくりっく365FXについて損失の繰越がある
・昨年の確定申告で株式について損失の繰越がある
という条件だから、
何をどう調べても参考になるような、
同じ条件の人が居ないンです。
ウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!
で、何が知りたかったのかというと、
『投資等で利益が出て、確定申告する場合には、
20万円未満の雑益(バイト、副業)についても合わせて申告が必要なのかどうか。』
(雑益が20万円未満の場合には確定申告しなくても良い)
だったんですが、
どうやら確定申告をする場合には
20万円未満の雑益も申告が必要みたいですね。
_| ̄|○ ガックリ
とりあえずは、一通りの入力が終わったので、
あとはマネックス証券の報告書をダウンロードして最終確定かなぁ。
去年は税務署まで行ったのに、
ハンコを忘れてしまい、
最終的には郵送で提出してしまったので、
忘れ物が無い様にして、提出しに行きたいところ。。

LINEで送る
Pocket

Home > タグ > 確定申告

カウンター
  • 610992総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 287昨日の閲覧数:
About

ノダッシュ似顔絵

1979年12月21日人生デビュー。大学時代含めて全国を転々しエセ標準語、熊本弁、関西弁を操る事が可能。某メーカーの医療SEを経て、現在はインターネット事業の経営企画に従事。
2008年度中小企業診断士試験合格。
個人活動としては、ウェディングムービー作成・ネットショップ支援など。軽く読めて・役に立つブログを目指してます。
【趣味】
ダーツ、パソコンいじり、読書
【Favorite】
●MUSIC●
ナオト・インティライミ、Hawaiian6など
●TV●
水曜どうでしょう、ゲームセンターCX
●BOOK●
三国志/横山光輝

↓コンタクトはこちら

↓twitterはコチラ
http://twitter.com/nodash_y
http://twilog.org/nodash_y

Link
カテゴリー
アーカイブ
タグクラウド

Return to page top