ホーム > タグ > エクセル

エクセル

ベクターにソフト登録してみた

ソフトウェア流通のポータルサイトである、ベクター(Vector)に作品登録してみました。
といっても、エクセルフォーマット+VBA少々なんですけどね・・・
これまでの自分では出来なかった事なので、うまく登録が通れば嬉しいですね。
システムエンジニアの頃よりも、時間に余裕が出来てプログラム(VBA)が少しでも体得出来たというのは何とも皮肉なモンです。
さてさて、楽しみに結果を待つことにします。。

LINEで送る
Pocket

エクセルで小数点1桁までの入力規則にする

家族と過ごす時間よりも、エクセルと過ごす時間の方が長いノダッシュです、どうもー。

基本的にはデキル子のエクセル君なんですが、汎用性があり過ぎるために困ることもしばしば。

 

どういう時に困るかというと、

 

エクセルフォーマットに数字入力をお願いする場合(複数人に対して)に、『小数点一桁までの入力で回答をお願いします』と言っているのに、平気で小数点三桁ぐらいで回答される事ありませんか!?

 

準備したエクセルのフォーマットが表示桁数 小数点一桁なのに、入力が小数点三桁までされると、どうなるのかというと

 

見た目上の数字を足し合わせても、合計値にならなくなります・・・

 

例えばこういう事です。(エクセルは書式設定で小数点1桁まで表示)

(単位:億円) 表示上  入力値

A事業売上   1.5   1.53
B事業売上   0.6   0.62
C事業売上   5.1   5.11
—————————–
売上合計    7.3   7.26

 

で、印刷された資料を見ると、1.5+0.6+5.1=7.2≠表示上の7.3 となるので、「オイオイ、資料あってんのか?」とチェックを受けるハメになります。

というか数字を扱う部署としては足し算が違うというのは問題外のようです。(当たり前っちゃー当たり前ですが)

 

とまぁ、前置きが長くなりましたがエクセルに以下の設定をすると小数点2桁以上の入力をするとエラー表示を出せるので入力制限する事が出来ます。
(もちろん、数式をいじればエラーにする桁数も変えることが出来ます)

 

メニューバーの「データ」→「入力規則」をクリックして子画面を立ち上げる→「入力値の種類:ユーザー設定」で「数式:=ROUND(A1,10)-ROUNDDOWN(A1,1)=0」と入力して下さい。

 

エクセル_入力規則で小数点入力制限エラー

あとは必要に応じて、他のセル範囲にコピーして下さい。

 

※ただし、完璧な対処ではなくて上記設定の場合は小数点10桁までの数字は感知できるが、小数点11桁目以降ではじめて数字が入るような場合には対抗が出来ません。(あまり、よく分からない・・・という方は無視して下さい。)

 

上記の入力規則の意味するところは

 

『A1セルの数字 の 小数点11桁目で四捨五入』 マイナス 『A1セルの数字 の
小数点2桁目で切捨て』 が 『ゼロ』 の場合のみ入力OKという意味です。

 

つまり、A1セルに「1.51」という数字を入力したならば

1.5100000000 - 1.5 = 0.0100000000 ≠ 0 でエラー表示となります

 

しかし、A1セルに「1.50000000003」という数字を入力した時にどうなるかというと、小数点11桁目の「3」が四捨五入されるため

1.5000000000 - 1.5 = 0 となり入力可能となります。

 

 

で、何が言いたいかというと完璧ではない!という事です。が、「起きる可能性が低い」事と、「ズレの数字が極小である」という事でこの対応でOKという事にします。

LINEで送る
Pocket

セルの書式が多すぎるため、書式を追加できません

セルの書式が多すぎるため、書式を追加できません

 

みなさんはこんなエラーに遭遇したことはありませんか?

 

まぁ、普通はないと思いますが。
私はついにこのエラーと戦わなくてはならなくなってしまいました・・・・

 

なぜなら、私の仕事で最も大事なファイル(管理会計)でこの悪夢(エラー)が出てしまったのです・・
((((;゚д゚)))アワワワワ

 

( ゚Д゚)y-~~<そらー、9メガ超えてるエクセルなら、いつおかしくなってもおかしくないわさ

 

で、このエラー。どんな計算しているかはブラックボックスだけど、
ブックに含まれるセルの書式の組み合わせが約4,000 を超える場合に発生する。

 

らしい・・・

 

【Excel でエラー メッセージ “表示形式を追加できません”が表示される/Microsoftサポートオンライン】

 

なんかさ、『組み合わせが』っていうのがウサんクサいよね。もう既に

 

さて、一度このエラーが出てしまうと、
書式を減らそうとして罫線や色を変更しただけでもエラーになってしまうので、
「前にも進めず、後ろへも戻れず」って事になってめげそうになります。
・゚・(ノ∀`)・゚・。

 

出来ることならエラー表示が始まる少し前のバックアップファイルから
以下の作業をすると、もしかすると、少しはファイルの延命が出来るかもしれない。
(解決するかも!?)

 

1.ツールバー ⇒ 書式 ⇒ スタイル
2.スタイル名をプルダウンで選択できるので ⇒ 使ってなさそうなスタイル名を選択
3.「削除」ボタンをクリック
4.2と3を繰り返す
※ファイルのバックアップは必ず取っておくこと!壊れたら戻せるように!

 

 

理由はよく分からんが、私はとりあえず業務上最重要ファイルの延命に成功しました!

 

あぶないあぶない ( ´ー`)フゥー

LINEで送る
Pocket

エクセルの計算は実は正確ではない

どもー、ノダッシュです。


SEから異動してからというもの、管理部門ということもありエクセルを使う頻度が格段にアップしてます。


 


そんな中でここ最近、気になっていた事があります。


それは、絶対に合うハズの計算が合わなかったり、絶対に「0」(ゼロ)になるハズの計算なのに「-0」(マイナスゼロ)の表記になったりする事デス。


(#゚Д゚)ナンデヤネン!!


 


なんでかなーと不思議に思い、表示桁数を小数点以下にずーっと増やしていくと・・・


「-0.000000000000001425・・・」


みたいな事になってて、エクセル君はさも当然のごとくにマイナス表示をしたと言い張っているのです。


 


実はこれにはワケがあるようで・・


なにやらエクセル君は計算速度を重視し、正確さを犠牲にしているとの事・・・
※「0」と「1」のデジタル世界でなぜ正確でない計算の方がそんなに速いのかにすごく興味が湧きますね。


 


そーなんだー!


 


つまり、どう対応すればよいかと言うと・・・


 


正しい数値を表示したい、計算したい、関数に組み込みたいという場合にはROUND関数(四捨五入関数)を用いてしっかりと小数点○桁以下を整理する必要があるという事ですね。


 


エクセルを使い始めて8年ぐらいは経ちますが、そんなこと初めて知りましたよ。


やはりコンピュータの世界は知っているようで知らない、ブラックボックスな部分がまだまだありそうです。


 


<参考サイト>


日経PC21-小数計算で発生する「誤差」

LINEで送る
Pocket

Home > タグ > エクセル

カウンター
  • 627538総閲覧数:
  • 100今日の閲覧数:
  • 77昨日の閲覧数:
About

ノダッシュ似顔絵

1979年12月21日人生デビュー。大学時代含めて全国を転々しエセ標準語、熊本弁、関西弁を操る事が可能。某メーカーの医療SEを経て、現在はインターネット事業の経営企画に従事。
2008年度中小企業診断士試験合格。
個人活動としては、ウェディングムービー作成・ネットショップ支援など。軽く読めて・役に立つブログを目指してます。
【趣味】
ダーツ、パソコンいじり、読書
【Favorite】
●MUSIC●
ナオト・インティライミ、Hawaiian6など
●TV●
水曜どうでしょう、ゲームセンターCX
●BOOK●
三国志/横山光輝

↓コンタクトはこちら

↓twitterはコチラ
http://twitter.com/nodash_y
http://twilog.org/nodash_y

Link
カテゴリー
アーカイブ
タグクラウド

Return to page top