アーカイブ

Windows7にCDex1.70beta4を入れてみた

CDex1.70beta4

まいど、ようやくWindowsXPからWindows7に乗り換えたノダッシュです。

Windows7(32bit)でCDをMP3にしようかと、
XP環境で使っていたCDex1.51でリッピングしたところ、
どうもドライブがCDを読んでくれない模様(原因は不明)。

確かに4、5年もCDリッピング環境を見直してないから、と
新しいCDexを確認するとCDex1.70beta4を発見。

CDex1.70beta4をインストールし、設定後にCDを取り込んでみた。
ところが問題発生。。。

 

CDexはCDの曲情報をオンラインでCDDBから取得して、
それをMP3化の際にタグに格納+ファイル名にしてくれるのだが、
どうも日本語だとタグに曲情報を格納してくれてない(タグが空のまま)・・・

この機能が無いとCDex使う意味がない・・・

 

「自動でファイル名変更・タグ入力してくれ、かつ高音質MP3が作れるから便利なんだよっ!」

ということで調べてみると「ひっそりパッチ」(作者さんに感謝)
なるものがあるらしく、パッチを適用すると無事に日本語でも
タグに格納してくれるようになった。

よかったよかった ε-(´∇`●)ホッ

 

エンコードエンジンであるLAMEも最新の3.99に更新し、
音にそこまでコダワリは無いので「–preset fast standard」オプション設定にしておきました。

これで、やっとWindows7でMP3が作れる・・・

今更だけど、iTunes標準のMP3エンコーダでも音質に大差ない
って話もあるみたいですねぇ・・・
まぁ、自己満足ってコトでこれからもCDex+LameでMP3作りますw

LINEで送る
Pocket