Home > コラム | 中小企業診断士 > 診断士二次試験_結論は先か?後か?

診断士二次試験_結論は先か?後か?

私自身はどうだったかというと、「結論先だし」型ではなく「因果つなぎ」型で合格しました。

※注意:「結論先出し(結論前出し)」型・「因果つなぎ」型という分類はないです。このブログでのエントリー上、便宜的にこう呼ぶことにします。一般的には帰納法や演繹法と言うのかもしれません。

 

私が主に2次試験対策学習を行った、2年目はTACのMコーチクラスに通っていました。

 

Mコーチクラスでは、

・因果関係を制限字数内で表現することが難しい点

・結論が出題者の求めている解答と違う場合に、途中の論点が採点されなくなるリスクがある点

 

から、「結論先だし」型ではなく『AだからBを行いCを目指す』といった、因果をつなげた解答を推奨しており、私は「因果つなぎ」型の解答作成を心がけていました。

 

ただ、途中で 「結論先だし」型に変えようか という迷いが生じた時期もありました。

なぜなら、採点者の読み易さを考慮した場合に「結論先だし」型の方が、一般的なビジネス本で語られているように分かり易いのではないかと考えたからです。

 

しかし、最終的には「結論先だし」型ではなく「因果つなぎ」型にしました。

・途中で方針変更するには時間が足りなかった事

・診断士試験では、論理・ロジックが正しく伝えられる事=因果がつながっていることが大事である と考えれば、「因果つなぎ」型の方が得策であると考えた事

という2点の理由からです。

 

中小企業診断士試験合格後、改めてこの事について振り返って考えてはみたものの・・・・・

エントリータイトル『診断士二次試験_結論は先か?後か?』の問いに対して「こっちが良い!」という答えはないのではないか と思います。

 

なんだかんだと書きましたが、要は 自分が「より しっくりくる」・「より
因果をしっかり説明出来る」と感じる解答方法を磨いていく事が大事!という事ですね。

 

#結局、結論が最後になってしまった。。

LINEで送る
Pocket

コメント:4

ほりけん 09-07-23 (木) 22:55

勉強になる!
が、おいらはまずは一次試験・・・がんばります。
論理に関しては、下記がお勧め。まだ途中だけどとてもためになりますよ。
http://www.amazon.co.jp/%E8%AB%96%E7%90%86%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0101%E9%A1%8C-%E9%87%8E%E7%9F%A2-%E8%8C%82%E6%A8%B9/dp/478280136X

ノダッシュ 09-07-24 (金) 13:42

>ほりけん さん
どもー、あと2週間で一次試験ですな。
体調を崩さないように注意して下さい!
ご紹介の本、面白そうですね。後で買ってみたいと思います。本多勝一著「日本語の作文技術」も非常に参考になる本だと思いますのでチェックしてみて下さい。

まつあに 09-07-26 (日) 1:53

ごぶさたしてます、まつあにです。
なるほど、「自分がしっくり来る解答方法」であることは大事ですね。
私は文章力に自信がない方、及び短期間で得点力を上げたい方には、結論先出しをお勧めしています。理由は以下のとおりです。
・先出しのほうが、読み手にとって読みやすい。(一種の「顧客視点」)
・文の下手な人が100字や150字を一文で書くと、意味不明な文になりやすい。
・かといって複数の文で書くと、「そのため」「これにより」「従って」などの接続詞で無駄に字数を使う。
・「結論&理由①&理由②、各30字程度」などと解答の形を決めやすく、従って字数調整もしやすい。
「結論が出題者の求めている解答と違う場合に、途中の論点が採点されなくなるリスクがある」については、「答案を採点してみて、『意味不明な文を最後まで読まされて、あげくに結論まで違ってたほうがよほど印象が悪い』と思います」としか言いようがないかなぁ。(笑)
ま、これは一種のイデオロギー戦争みたいな面もありますし。(^^)w
他には、自分は「解答の主語述語は設問どおりに」というセオリーを守っていました。
(これはオリジナルではなく、自分の先生の指導によります。)
(例:H20 事例3 第3問)
「共有すべきデータは、①~、②~である。生産面の効果は、①~によってどうなること、②~によってどうなることである。」
こうすると、聞かれたことにまっすぐ答えた文に、自然になっていきます。(^^)

ノダッシュ 09-07-30 (木) 0:27

>まつあに さん
熱い!コメントありがとうございます。
そして、私の記事自体よりも内容の濃い文章ありがとうございます。
誰かに助言を求められたとしたら、「その方の状況」によってオススメする解答方法というのは確かに変わってきそうですね。
「答案を採点してみて、『意味不明な文を最後まで読まされて、あげくに結論まで違ってたほうがよほど印象が悪い』と思います」の部分については、「そうか、そういう考え方もあるのかー」と思わず呻ってしまいました。
もう、このあたりは「信じた道」をつき進むしかないですよね。。
しかし、まつあに さんはすでに色々と活動されているようでスゴイですね。マジ尊敬です。私も負けないようにがんばります!

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.no-dash.com/2009/07/23-225826.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
診断士二次試験_結論は先か?後か? from NO-DASH ドットコム

Home > コラム | 中小企業診断士 > 診断士二次試験_結論は先か?後か?

カウンター
  • 640493総閲覧数:
  • 34今日の閲覧数:
  • 72昨日の閲覧数:
About

ノダッシュ似顔絵

1979年12月21日人生デビュー。大学時代含めて全国を転々しエセ標準語、熊本弁、関西弁を操る事が可能。某メーカーの医療SEを経て、現在はインターネット事業の経営企画に従事。
2008年度中小企業診断士試験合格。
個人活動としては、ウェディングムービー作成・ネットショップ支援など。軽く読めて・役に立つブログを目指してます。
【趣味】
ダーツ、パソコンいじり、読書
【Favorite】
●MUSIC●
ナオト・インティライミ、Hawaiian6など
●TV●
水曜どうでしょう、ゲームセンターCX
●BOOK●
三国志/横山光輝

↓コンタクトはこちら

↓twitterはコチラ
http://twitter.com/nodash_y
http://twilog.org/nodash_y

Link
カテゴリー
アーカイブ
タグクラウド

Return to page top