アーカイブ

TAC実力養成演習1テーマと反省

いつもはあまり振り返りに時間をとっていませんでしたが、今回はいつもと違うことを・と思って少し時間をとってみました。
【今回のテーマ】
1.80分の時間を体感する事、時間の使い方をチェック
2.事例Ⅰなので「人事・組織」の解答を意識する
3.マインドマップメモによる分析を行う
4.解答構成、根拠の選択を意識する
5.なぜ?それで?分析を行う
6.あるべき姿分析を行う
⇒【評価項目】
・適度な時間で自分のやれている事を確認できているか?(1.に対する評価)
 >時間のチェックは実施した、解答レベルと残時間を考慮してとりあえず全ての設問に対して解答を記載した事は評価できる
・解答の構成要素となるキーワードがピックアップ出来ているか?(2.3.4.5.6に対する評価)
 >全く出来なかった。与件分から分析メモを作成すると解答方向性もズレてしまい、なおかつ時間がかかっても構成要素自体が出てこなかった。あるべき姿も明確に考える時間をとらなかったため×
・複数の解釈が出来ているか?
 >上記のとおり、時間に追われて×
⇒⇒【感想と反省】※Mコーチ指摘事項含む
・設問文をもっと解釈すべき
・時間が無いので「あれが終わってから見直そう」などと甘い考えを起こさない
・スピードUPではなく、ムダの排除を意識する
⇒⇒⇒【次回テーマ】
・解き始めるまでの手順
  問題用紙の切り離し → 解答文字数チェック → 与件文第一段落読む → 与件文段落番号振る → 設問軽く一読 →設問の解釈・マーク付け → 与件文を一読 → 設問軽く振り返り → 与件精読・マーク → 与件段落番号と設問番号の紐付け
・あるべき姿は本格的に解答を書く前の段階でイメージしておく
・意識としては問題解釈に比重をおくイメージで、そこで想定される対策等をメモとして書いておく →それを与件文から探すイメージで
・マインドマップメモ分析は、やるなら1・2問しか出来ない!

LINEで送る
Pocket